All in One SEO Packの除外ページを正規表現で

サイト製作中、とある数ページのタイトルは書き換えないようにしたかったので、”Exclude Pages”にそのページを記入したけどどうも望んだように除外してくれない。

ということでソースを覗いてみると、

function aioseop_mrt_exclude_this_page(){
		global $aioseop_options;
		$currenturl = trim($_SERVER['REQUEST_URI'],'/');
/*		echo "<br /><br />";
		echo $aioseop_options['aiosp_ex_pages'];
		echo "<br /><br />";
*/
	
		$excludedstuff = explode(',',$aioseop_options['aiosp_ex_pages']);
		foreach($excludedstuff as $exedd){
			//echo $exedd;
		    $exedd = trim($exedd);
			    if($exedd){
			        if(stristr($currenturl, $exedd)){
			            return true;
			}
		}
	}
	return false;
}

除外はこの辺りで行われてるようで、

$currenturl = trim($_SERVER[‘REQUEST_URI’],’/’);

ここでREQUEST_URIから空白とスラッシュが除外されてます。
設定でページをどう指定してたかというと、”/example1,/example2″という感じ。スラッシュが除去られてたらそりゃあ効果ないわけだ。
説明の英文がきちんと読めてたらわかったのかもしれないけど、不得手なもんで…。

$currenturl = trim($_SERVER[‘REQUEST_URI’]);

ということで、スラッシュが除去されないように変更。除去してた理由ってなんだろう…。
しかしこれでもまだ十分じゃない。上記の設定だと”/example/example1″などのページまで除外されてしまいます。そこで正規表現を導入。

if(stristr($currenturl, $exedd)){

ここを

if(preg_match(“|”.$exedd.”|i”, $currenturl)){

こんな感じに変更。これで”^/example1,^/example2″といった設定が出来るようになりました。

WordPressでTwitter Tools

今までTweetableを使ってましたが、最近#mabinogiハッシュタグ付けたいなと思ったりしたので、別のプラグインを探してみることに。
そこで見つけたのはTwitter Tools。以前からの定番プラグインだそうです。

Twitter Tools
http://alexking.org/projects/wordpress
http://wordpress.org/extend/plugins/twitter-tools/

インストールはいつものようにプラグイン管理から検索してインストール。
そして設定に手間取る。

続きを読む WordPressでTwitter Tools

Thunderbird3でアカウントの追加と自動設定

前から思うけどマジ面倒。

IMAPのテスト用にアカウント作ってサンダーバードに追加しようとした。
ver.3から追加された機能、サーバーの自動設定が勝手に始まり、独自ドメインなので全然間違ったサーバー設定をしてくれる。
自動設定を中止しサーバー情報を手入力するが、今度は”アカウント作成”ボタンも”手動設定”ボタンもうんともすんとも言わず、キャンセルするしか無い。
適当に自動設定させて後から設定を変えようにも、POP3アカウントと登録されたものはあとからIMAPに変更できない。これは仕方ないか?

結局、自動設定が始まった瞬間、POP3と自動設定される前に中止ボタンを押して手動設定をするなんて忙しい手順をしないと設定できなかったわけです。
この自動設定機能はマジいらない。 全部手入力でいいです。

FirefoxのStylishで検索順位表示 Google用

2011/02/27更新

Google用

画像検索、動画検索、ニュース検索など除外出来てるはず

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);

/* ウェブ検索 */
@-moz-document domain("google.com"), domain("google.co.jp") {
  body {
    counter-reset: result !important;
  }
  li.w0:not(#imagebox):not(.localbox) h3.r:before {
    content: counter(result) ". " !important;
    counter-increment: result !important;
  }
}



2010/05/24以前の記事

デザインが変わったのに伴って検索順位が表示されなくなっていたのに今更気づいたので更新。
class名が整理されて全部同じになってしまったので、画像検索など差し込まれるものに順位が付くのを回避できなくなった…。

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);

/* ウェブ検索 */
@-moz-document domain("google.com"), domain("google.co.jp") {
  body {
    counter-reset: result !important;
  }
  li.g h3.r:before {
    content: counter(result) ". " !important;
    counter-increment: result !important;
  }
}

FirefoxのStylishで検索順位表示 Yahoo!用

2011/3/1更新

Yahoo!用

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);

@-moz-document domain("search.yahoo.co.jp") {
  body {
    counter-reset: result !important;
  }

  #WS2m h3:before {
    content: counter(result) ". " !important;
    counter-increment: result !important;
    color: #000 !important;
    font-size: 100% !important;
  }
}

@-moz-document domain("search.yahoo.com") {
  body {
    counter-reset: result !important;
  }

  div.res h3:before {
    content: counter(result) ". " !important;
    counter-increment: result !important;
    font-size: 120% !important;
  }
}

2010/4/29以前の記事

ライフハック・便利ツール紹介野郎: Googleでも検索結果に番号を振るスタイルを書いてみた:Firefoxのアドオン「Stylish」で

こちらのスタイルが便利で利用していたのですが、検索結果に地図が表示されるとそれにまで順位がふられてしまいます。そこでちょこっと改造。

続きを読む FirefoxのStylishで検索順位表示 Yahoo!用

WordPressで投稿する時、白紙のpost.phpで止まる

直ったか投稿テスト。

直ってなかった…。
新規投稿したとき、白紙のpost.phpで止まってしまう問題。
PINGリストのせいかも?と海外のサイトで見つけたけども、どうやら関係ない模様。
プラグイン周りのせいかなー。一つ一つチェックしないと…。

一番最近入れたTweetableのせいだった。自動ツイートのからみか。
そのあたりを調べてみよう。

Firefox3.6.3にアップデート

以前、3.6に上げたときは動画サイトを見ているとメモリを解放せずに1Gほど食ったまま、といった現象が起きていたので3.5.9を使っていたのですが、そろそろ大丈夫かなとアップデート。しばらく様子を見てみよう。

アップデートしたところで、アドオンにJavaConsoleがズラリと並んでいることに気付き、最新版以外普通に削除。

Windowsメールで署名の設定

Windowsメールで署名の設定をし直していると、詳細設定のボタンが有ることに気付く。
おー、メールアカウントごとに署名を変えてくれるのか!と今更設定をしました。

しかししかし、新規メールを表示させて送信アカウントを切り替えても署名は変更されません。
この時はあれー…?と思いながらもよくよく考えればテキストが挿入されてるだけですから当然です。

受信したメールから返信表示させると、そのメールを受信したアカウントに設定した署名がちゃんと表示されました。
ようするに最初に表示された送信アカウントの署名が自動的に挿入されるわけなんですね。
新規メールだと既定のアカウントが最初に表示されるので、別のアカウントから送信したいとなるとやはり手動で署名を変更しないといけないようです。

Vistaでタスクスケジューラの致命的なエラー

不要になったタスクを消そうとタスクスケジューラを開いたら、致命的なエラーと表示されてタスクが表示されなくなってしまいました。

おごご、こいつはヤバイとググってみれば1件だけブログの記事が同じ症状でヒット。…治療方法書いてないじゃない。
仕方ないのでその記事に書かれていたヒントの海外のフォーラムを探すことに。色々と言葉を変えてググッていくと…ありました。

Task scheduler – anyone??
http://forums.techarena.in/vista-help/906942.htm

要約すると、Googleが作ったタスクが悪いらしいので直接ファイルを消したらいいぜ!ということらしい。

タスクファイルの場所は、”C:\windows\system32\tasks\”の中にあります。
この場所にあるGoogleUpdateTaskUserで始まるファイルを消すことで、タスクスケジューラの致命的なエラーを回避することが出来ました。

原因はXP世代のタスクの互換性?とか上記URLで考察されているような感じです。翻訳通してるのではっきりわかりませんが…。

元に戻って一安心。